大学行った方がいい

スポンサーリンク
インタビュー

フリーアナウンサー あさがみちこさん[4]

フリーアナウンサーとして20年以上活躍しているあさがさんは高卒です。大学に行かなきゃアナウンサーになれない?専門学校でも学べる?など、話す仕事をするための進路について聞きました。
インタビュー

フリーアナウンサー あさがみちこさん [3]

仕事を通じて人に出会うことが多く、各界で活躍する友人も多いというあさがさん。高卒の人も多いそうですが、そういう人たちの共通点があるそうです。
インタビュー

フリーアナウンサー あさがみちこさん[2]

高校生の時、やりたいことがなかったというあさがさんですが、それが仕事の幅を広げることにつながったと語ります。その理由を聞きました。
インタビュー

フリーアナウンサー あさがみちこさん[1]

ラジオ、イベントなど“伝える仕事”で活躍するフリーアナウンサーのあさがみちこさん。高卒という学歴に全く後悔はないというあさがさんが考える「大学に行くメリット」とは?
あの人の言葉

自分の可能性を広げるために、大学に進んだほうがいいのです

著書、インタビューなどから、進路にまつわるその人の考えを紹介するコーナー。小中高生向けに書かれた“本当の「頭のよさ」ってなんだろう?”に「大学行かなきゃダメ?」の答えがありました。
まとめ記事

[まとめ記事]“大学に行った方がいい”と思う理由を聞きました

タイトルから “大学に行かない生き方”を応援していると思われることもある当サイトですが、目指しているのは、大学に行った方がいい、行かなくていい、どちらの考えも知って考える場にすること。今回は「行った方がいい」という人の言葉をピックアップしました。
インタビュー

将来なりたい職業を見つける前に 中学、高校で考えて欲しいこと

「大学の時、ドローンの仕事をするなんて考えもしなかった」と語る船津さんから、仕事や働き方が変わる時代を生きる中学生、高校性へのアドバイスです。
インタビュー

ベンチャーでは学歴よりも “大学で何をやってきたか”が大切

産業用ドローンの業界をリードするベンチャー企業で、体育大出身であることはメリットしかないと語る船津さん。学部に関係なく大学に行くメリットやベンチャーで求められる人とは?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました